top of page

LinkedIn Student Career Week「プロモーションパートナー」に任命されました

更新日:3月22日

次世代人財を対象とした成長機会創出のオープンイノベーションに取組むPROJECT anyは、社会に出た後も「自分軸」で人生を切り拓き続ける次世代創出を掲げ、世界中で10億人のビジネスパーソンが活用するLinkedInと次世代人的資本の強化を促進することを目的に、LinkedIn Student Career Weekの「プロモーションパートナー」に就任したことをご報告いたします。


リンクトインロゴ


最初の活動としては、2024年4月22日(月)~同年4月26日(金)に開催される、LinkedIn Japanが主催する初の学生向けイベント「LinkedIn Student Career Forum 2024」の認知拡大・プロモーションを支援します。


イベント概要

LinkedIn Student Career Forum 2024について

LinkedIn Japanが主催する初の学生向けイベント。マイクロソフトや住友商事、トヨタ、マッキンゼーアンドカンパニーからプロフェッショナル人材が登壇し、キャリアビルディングや大学生活で重要なことなどについてセッションを開催します。

イベント概要

  • 開催期間:4/22(月)~4/26(金) 昼の部 12:30 - 13:30 キャリアセッション(イベント開催期間中、毎日開催) 夜の部 18:00 - 19:00 LinkedInセッション(イベント開催期間中、毎日開催)

  • 配信形式:オンライン(LinkedIn Liveにて配信)

参加特典

①有償アカウント(LinkedInプレミアム)のクーポンコードをプレゼント*!

②イベントを今後に生かすためにMENTOR WORKOUTを1回分無償でご提供*

*特典獲得には、こちらからお申込み!

リンクトインプレミアムの活用方法(事例)

◆ 二次的な繋がりを構築 / OB・OG訪問にも

リンクトインには人事部はもちろん、職種・所属部署がバラバラな多様な人材が登録しています。そのため、大学のOB・OG名簿には掲載されている内容な方にOB・OG訪問を依頼することも可能!

◆ オンライン学習

2万コースの中から、自身にあったイーラーニングを受講し放題!

ジャンル:ビジネス/クリエイティブテクノロジー/アジャイル基盤/戦略的思考/対人コミュニケーションなど

 

イベント詳細

昼の部(12:30 - 13:30)キャリアセッション

グローバルで活躍する先輩スピーカーと学生インフルエンサーのパネルディスカッション。大学時の活動や現職についてお話頂き、プロフェッショナルから見る魅力的な大学生や就活のお話などにも触れていきます。

昼の部、 登壇者紹介


登壇者

樋口  拓人

マイクロソフトコーポレーション シニアプロダクトマーケティングマネージャ

慶應義塾大学在学中にデータ分析コンサルティング会社を設立。卒業後、日本マイクロソフトにて日本市場のデータ・AI 市場のビジネス戦略を担当した後、米国本社に異動し、Azure AI 製品のプロダクトマーケティングチームに所属。


登壇者

児島 愛子

マッキンゼー・アンド・カンパニー アソシエイトパートナー

慶應義塾大学卒業後、消費財・小売りなどの業界で中期・長期経営計画策定、新規事業立案などを中心に従事。2017年から一年間政府に出向、2019年から1.5年タイ・バンコクのオフィスに転属。



登壇者

吉野 隼人

トヨタ自動車 人材開発部 主任職

トヨタに新卒入社後、シャシー開発部でシミュレーションによる性能改善や、ADASの制御設計業務に8年間従事(内1年間ベルギー勤務)。9年目から現職にて全社の要員/採用計画を担当。



登壇者

角田 亜紗子

住友商事 人事部 サブリーダー

鎌倉市在住。高校は米国に単身留学、一橋大学社会学部入学し、女子ラクロス部所属、新卒で住友商事入社。金属ビジネスのトレーディング業務や戦略立案、業績管理に10年間従事。現在は人事部にて人材開発・育成を担当。


登壇者

和田 真知

ネスレ日本株式会社 人事総務本部 リージョナルタレントアクイジション

国際総合物流企業にて通関業務、外資系転職エージェントで両面型コンサルタントを経験後、21年11月にネスレに入社。フィリピン所属で東南アジアと日本の中途採用を担当。LinkedInで最も影響力のあるアカウント日本6位。



夜の部(18:00 - 19:00)LinkedInセッション

学生目線でLinkedInの有効活用方法を紹介するとともに、LinkedIn社員と実際の学生ユーザーが詳しく解説します。

Comments


bottom of page