top of page
ラボ実験

世界中の人々の健康豊かな生活に貢献する第一三共株式会社

新たな社会貢献活動企画提案しよう

サステナビリティ部とともに、新たな社会貢献施策実現に向けて企画・考案し

シニアマネジメントにプレゼンテーションの機会を得るエニー生限定・社会実践プロジェクト

プロジェクトチームについて

anyちゃん単体_edited_edited.png

エニーメイト

第一三共株式会社

サステナビリティ部

グローバルヘルス・社会貢献グループ

当社のパーパス「世界中の人々の健康で豊かな生活に貢献する」を実現するための新たな社会貢献活動・社内浸透施策を、約1年かけて一緒に企画できること楽しみにしています。エニー生の皆さんのご応募を心よりお待ちしています!

支援者情報の更新までしばらくお待ちください

開催場所について

第一三共株式会社 本社

第一三共ビルA館

東京都中央区日本橋本町三丁目5番1号

地下鉄銀座線「三越前駅」A10出口 徒歩2分
JR「新日本橋駅」5番出口 徒歩1分

※ 交通費が支給されます(条件有り)

詳細は募集要項をご確認ください

v0000000674.jpg
文字.png

企業におけるサステナビリティの取組は、
「先進的」なイメージから「当たり前」の時代へ
~ 企業ブランディングに合わせた次世代にツナガル戦略が重要 ~

サステナビリティ情報を開示している企業

SDGs1.png

企業は本質的なサステナビリティの活動ができていると思うエニー生

SDGs2.png
anyちゃん単体_edited_edited_edited.png
吹き出し.png

左図データ参考:KPMG「日本におけるサステナビリティ報告2020」

2021年2月時点で日経平均株価の構成銘柄225社のうち99%にあたる223社が、サステナビリティリポート、統合報告書、ウェブサイトのいずれか一つ以上でサステナビリティ情報を開示

右図データ参考:プロジェクト・エニー「エニー生調査2023」

​エニー生322名に対するアンケート調査を実施し、質問「日本企業は本質的なサステナビリティの取り組みができていると思うか」に対する「できていると思う」「どちらかといえばできていると思う」の回答率が26%。

私たちの未来をより良くするために
次世代を担うエニー生がプロジェクトメンバーになる意義を考えて
プロジェクトに参加しよう

第一三共のパーパス「世界中の人々の健康で豊かな生活に貢献する」を実現するための新たな社会貢献活動・社内浸透施策をエニー生主体で企画し、第一三共社員と検討を重ねながら施策を作り上げ、シニアマネジメントへ提案することを目標とした長期プロジェクトです。

実際の本社に訪れて打合せや会議に参加

組織を動かす本気の提案を、第一三共の一員としてプロジェクトに参加

次世代の視点で社会を巻き込む企画提案

スケジュールについて

活動期間:2024年8月~2025年3月

活動時間: 定例ミーティングは月1回程度(1.5~2時間)

DS.png

シニア

応募概要と選考プロセスについて

募集人数:5名

対象:エニー生(ただし、社会人エニー生を除く)

選考プロセス:

① 当プロジェクトの応募要項を確認し、申し込み

② 事務局による面談を経て、登録いただいたメールアドレス宛に合否通知

※ 申込フォーム提出期日は、2024年7月26日(金)23時59分まで

bottom of page